history

history(〜2011)はこちら

いつか抗い そして途惑う2018年

●札幌公演   6月7日〜10日 
会場/生活支援型文化施設コンカリーニョ

●東京公演  6月14日〜17日
会場/シアターグリーン BOXinBOX
藤村忠寿 山村素絵 吉田諒希 KEI(EverZOne) 谷口健太郎 藤谷真由美
札幌公演/HIROKI(EverZOne) DAICHI
東京公演/大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)  渋木こうすけ

◉男は48歳で未だ独身。弟が事故で亡くなった。弟には綺麗で妖艶な嫁がいた。その嫁を密かに好きだった。その想いは、弟が亡くなってからどんどん強くなっていく。ある時、弟の死に嫁が関わっている疑念を持つ。その疑念が次第に強くなっていく。弟の嫁への想いと殺人の疑念。その狭間で揺れる気持ち。男の心は次第におかしくなっていく。

キャラメル・マキアート2018年

会場/cube garden
SASUKE HIROKI KEI DAICHI (EeveZOne)
山村素絵 吉田諒希 藤谷真由美 
国門紋朱(COLORE) あいざわ(シークレット歌劇団09)

◉イナダ組とダンスボーカルグループEeveZOneとのコラボ芝居の第2弾。
会場をブロックからcube gardenに変えよりライブ感が強いお笑い音楽劇に仕上がった。

ロバの戯言2017年

会場/清里町生涯学習総合センター
山村素絵 吉田諒希 藤谷真由美 池江欄 大川敬介
吉泉元康 永崎千尋 川端久美子 西田直史
◉清里町から街の名産のじゃがいも焼酎を題材に芝居を作って欲しいとの依頼で書き下ろした作品。

YAMAKIN-CHAN2017年

会場/長万部町学習文化センター
◉イナダ組地方公演。

イナダ組 若手公演「キミが嘘をついた」2017年

伊藤千香 吉泉元康 嶋口萌々子 川端久美子 西田直史 古川侑三郎  吉田諒希

シャケと爺いと駅と2017年

●札幌公演  5月5日〜7日
会場/生活支援型文化施設コンカリーニョ
●東京公演 5月11日〜14日
会場/新宿シアターサンモール
武田晋 藤村忠寿 山村素絵 HIROKI(EverZOne) 吉田諒希 葉山太司(飛ぶ劇場) 
赤谷翔次郎(パンンソー) KEI(EverZOne) 藤谷真由美 池江欄 白鳥雄介 
伊藤千香 吉泉元康 渋木こうすけ(ゲスト)
◉2009年に公演した「プーチンの落日」をタイトルと内容を変え東京公演のために書き直した作品。3度目の新宿シアターサンモールでの公演。

イナダ組 若手公演「八日してない」2017年

吉泉元康 嶋口萌々子 川端久美子 永崎千尋 古川侑三郎
がんめん(グループ俺達)佐久間好期(グループ俺達)

イナダ組 若手公演「大収穫祭」2017年

吉泉元康 嶋口萌々子 川端久美子 永崎千尋 古川侑三郎
がんめん&山口良太(グループ俺達)

YAMAKIN-CHAN2017年

会場/演劇専用小劇場 BLOCH
SASUKE HIROKI KEI DAICHI (EeveZOne)
武田晋 山村素絵 吉田諒希 藤谷真由美 佐藤剛(intre)
◉イナダ組とダンスボーカルグループEeveZOneとのコラボ芝居。歌とダンスとお笑いを散りばめた作品。1980年代のアイドル歌謡曲を踏んだんに使い、本公演とはまた違ったテイストの作品。

Oi2016年

会場/北見芸術文化センター 7月31日
会場/名寄文化センター 8月7日
武田晋 山村素絵 吉田諒希 阿部星来 赤谷翔次郎(パンンソー)瑠璃 白鳥雄介
◉イナダ組地方公演。2015年の「Oi」をキャストを変え再演。