2019.11

11.02.
2019

【公演情報】2020年冬・札幌演劇シーズン(レパートリー作品)参加作品 『カメヤ演芸場物語』

2020年 冬

札幌演劇シーズン(レパートリー作品)参加作品

劇団イナダ組『カメヤ演芸場物語』

 

2004年に初演、2015年にシーズンで再演し、今回はレパートリー作品として主演に藤村忠寿(HTB北海道テレビ)を迎え、シーズンに再登場します!

 

【公演日時】

2020年2月

15日(土) 19:30開演

16日(日) 13:00開演/17:00開演

17日(月)     19:30開演

18日(火) 19:30開演

19日(水) 19:30開演

20日(木) 19:30開演

21日(金) 19:30開演

22日(土) 13:00開演/17:00開演

 

【作・演出】

イナダ

 

【キャスト】

藤村忠寿(HTB北海道テレビ)

山村素絵(劇団イナダ組)

江田由紀浩

赤谷翔次郎(札幌FEDE)

戸澤亮(NEXTAGE)

吉田諒希(劇団イナダ組)

ツルオカ

池江蘭

遠藤洋平

五十川由華(おかめの三角フラスコ)

前田透(劇団・木製ボイジャー14号)

吉泉元康

古川侑三朗(グループ俺達)

佐久間好期(グループ俺達)

 

【あらすじ】

昭和46年、秋から冬にかけての浅草にある演芸場。劇場のことがさっぱり分からない支配人。学生上がりの進行係。婚期が遅れた事務員。仲が悪いトリオ漫才師。惚けた落語家。喧嘩ばかりの夫婦漫才師。下手くそ過ぎる奇術師。一癖も二癖もある者達ばかり。ある日、学生運動の一斉検挙があり一人の若者が演芸場に逃げ込んでくる……。「亀谷ミュージック劇場」の続編にあたる作品。 劇団イナダ組が贈る昭和人情物語!!

11.02.
2019

【今年も開催!】『法テラス劇場~あなたのための法教育2019~』

好評につき、今年で6回目となる法テラス劇場は、札幌市民交流プラザにて令和元年11月28日(木)に開催します。

もちろん今年も参加無料!

ぜひご参加ください。参加申し込み受付中です。

 

『法テラス劇場~あなたのための法教育2019~』

 

▼法テラス劇場

身近な法的トラブルを、劇団イナダ組のユーモラスなお芝居と、弁護士・司法書士の分かりやすい解説で紹介します。

演劇で笑って、トークで納得!法テラスが送る法律ショーです。

【日時】

令和元年11月28日(木曜日)

第1部(昼)  13時30分から

第2部(夜)  18時30分から

※開場はいずれも20分前より

【会場】

札幌市民交流プラザ1階 SCARTSコート

札幌市中央区北1条西1丁目

【参加費用】

参加無料

【定員数】

第1部、第2部 いずれも定員100名

申し込み方法は以下の2通り!

(1)電話での申し込み

法テラス札幌(電話:050-3383-5555)までお電話ください。(平日9時00分から17時00分)

(2)メールでの申し込み

下記メールアドレスまで「住所」「氏名」「年齢」「参加人数」「イベントを知ったきっかけ」をご送信ください。

sapporo-event2019@houterasu.or.jp

↑こちらをクリック

※メールソフトが起動しない方は、お手数ですがメールソフトにて上記アドレスをご入力ください。

なお、座席には限りがあるため、満席になりましたら、立ち見となる可能性があります。

また、車いすで来場される方は、事前にご連絡ください。

 

▼出張情報提供

今年は、出張情報提供も同時開催。

身近なトラブルについて、法テラスの専門職員が法情報の提供と、関係機関のご案内をいたします。

令和元年11月28日(木曜日)

14時30分から16時30分

【会場】

札幌市民交流プラザ2階 SCARTSスタジオ1 

札幌市中央区北1条西1丁目

当日飛び込み制で最大8名

おひとり20分から30分程度

※事前に対応している方がいらっしゃる場合、お待ちいただくことがあります。

※定員に達した場合、ご利用いただけないことがあります。

 

【主催】

日本司法支援センター札幌地方事務所(法テラス札幌)

札幌市図書・情報館

公益財団法人札幌市芸術文化財団

【後援】

北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、朝日新聞北海道支社、

産經新聞社札幌支局、北海道新聞社、毎日新聞北海道支社、読売新聞北海道支社、

AIR’Gエフエム北海道、FMノースウェーブ、HBC北海道放送、HTB北海道テレビ、

STV札幌テレビ放送、UHB北海道文化放送、テレビ北海道

 

【問い合わせ先】

法テラス札幌広報係

050-3383-5555(平日9時00分から17時00分まで)